2018.08.30

【自己流腹筋の落とし穴】

お客様のお悩みでダントツに多いものがお腹!
お腹を引っ込めたい!腹筋を割りたい!くびれがほしい!
お腹のトレーニングは畳一枚分のスペースがあれば誰でも簡単に始めることができます
始めやすい運動のため、
家でも腹筋運動始めました!
と、よく伺います。
しかし続けてでてくる言葉は、
でも変化が無い。。
と、、、
せっかく気持ちを奮い立たせ、普段の生活に運動を組み込んでいただいたのに、、
苦しいだけで楽しくない。。
それでは続くものも続かないですよね。

どの様な腹筋運動を行ってきたか見せていただくと大半の方がもったいない運動に。。。

お腹への意識が足りていない。
お腹ではなく足ばかり使っている。
お腹が使いきれていない。
腰や首に負担が掛かっている。
などなど。
色々と指摘したいことはたくさんありますが、その中でも今回は特に「意識」についてお伝えしますね。

トレーニング中はどこの筋肉にアプローチしているのかがわからず何となく回数をこなしていても、効果半減。 しっかりと使用している筋肉をイメージして、筋肉の伸び縮みを感じながら行うこと!
一人で行う時は使いたい部位を手で押し込み、そこを押し返すように力を入れると、筋肉にしっかりと力が伝わるのが感じやすくなります。
またゆっくり行うことで、意識がブレずにダイレクトに刺激が伝わりやすくなります。

かたちフイットネス倶楽部では、トレーニングを行う際には、まず始めにその意識の部分を徹底的に行います。 そこを理解するかしないかは大きな違い。

きちんと意識して行うと例え10回の腹筋運動でも翌日、筋肉痛になることも。

自己流トレーニングでは、なかなか集中・意識し続けて行うのは難しい!という方!!
せっかくのトレーニング時間を、効率よく効果を出すためにも、パーソナルトレーニングで「意識」の効果を実感してみませんか?

体験、見学、無料カウンセリング随時受付中。
お電話、またはメールにてお気軽にお問い合わせください。